体和日記 Tai-wa-nikki

茨城県つくばを拠点に、体和塾(カラダを和ませ、カラダで世界と和する塾)という活動をしています。ハートオブヨガ、甲野式身体術、哲学などから考えたこと、感じたことを、赴くままに。

インド11日目の葛藤と気づき

ヨガについての知識や経験がほぼゼロのまま敢行したインドでのヨガ修行。その時の葛藤がうかがえる11日目の文章を公開します。 アーサナへの疑問 インドに来て11日目。1日8時間ヨガに取り組む生活を続けて、なんとなくヨガってこういうものなんじゃないか、…

インド到着後に書いたこと。

このカテゴリーは、2016年8月28日から9月25日にかけて、インドのリシケシュにてヨガプログラムを受講したときのレポートです。 せっかくなので、インド到着後すぐに書いていた文章を、そのまま公開します。 200時間のティーチャートレーニング いきなりです…

今日死んでしまっても満足できるヨガを。

柔らかくなれば自信がつくのか? ヨガのアーサナでさまざまなポーズをとっていると、自分のカラダの硬さに気がつきます。たまにはできないポーズも登場したりして、そんな時はちょっと気分が落ち込みます。ヨガクラスの中でみんなができるのに自分だけできな…

優しさを生み出すカラダ

カラダ全体を使う 僕が学んでいる武術的な身体技法において重要視されることのひとつに、「カラダ全体をうまく使う」ということがあります。 このことのメリットはいくつもありますが、今日は「カラダ全体を使うこと」が、その人の「性格」に与える影響につ…

自己紹介(2017年4月再編集)

的場悠人(まとばゆうと) 1996年生まれ。武術由来の身体操法、ハートオブヨガなどを通して、生きることについて考え、実践し、伝えています。 現在の活動 ・筑波大学人文・文化学群比較文化学類在籍(2015.4~) ・筑波大学公認一般学生団体「体和塾」代表(…