読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体和日記 Tai-wa-nikki

カラダを和ませ、カラダを使って、世界と和する。茨城県つくば市から、あふれる言葉たちを、つらつらと。

「だるい」動き、「さわやかな」動き

体和的人生考 武術っぽいこと

「和の動き」の共通点とは?

 突然ですが、「和の動き」というと、どんな動きをイメージされるでしょうか?

 茶道、能、舞踊、武術など、これらに共通するのは、よどみのない、なめらかな動きであるように僕は思います。(僕はこれらのいずれもきちんとやったことはありませんが、なんとなくイメージとしてそんな気がするのです。)

 

 この、一本の流れでつないだような動きを、僕は「一筆書きの動き」と呼んでいます。

 

 僕たちは、「動」物であり、常に動き続けている存在です。マクロ的に止まって見えても、ミクロなレベルでは必ず動きがあります。だから、意識的に動いていく時も、本来「動き続けている」ということを忘れず、その延長で動くことが大切なように思われます。

 

僕たちが「動」物をやめるとき

  しかし、僕らが意識的に動こうとするとき、この「動き続けているカラダ」を自ら止めてしまうことがしばしば起こります。

 

 例えば、重い物を持とうとするとき。ちょっとその時の身体イメージを呼び起こしてみてください。(今実際に重い物が目の前にあったら、それを地面に置いて、持ちあげようとしてみてください。)低い位置にある物を持って、足を踏ん張り、「ふんっ」と持ち上げるイメージです。

 

 この「ふんっ」という瞬間は、無意識のうちに息を止め、踏ん張ることでカラダ全体の動きも止まっています。これが、「よどみ」であり、「なめらかさ」が途切れる瞬間であり、武術的に言うと「居着き」です。大袈裟に言うと、「動」物であることをやめた瞬間と言ってもいいかもしれません。

 

f:id:yutoj90esp:20161206100806j:plain

 僕は、この「よどみ」をできるだけなくした動きをしたいのです。例えば、椅子から立ち上がるとき。「よっこらせ」と立ち上がるときには、「頭を前に倒す」→「膝に手を着く」→「足を踏ん張る」→「腰を浮かす」→「膝を伸ばす」と言ったように、いくつも分節があり、よどみだらけの動きになってしまいます。動きの要所要所に表れるこの「よどみ」は、不思議なことに、精神的にも「よどみ」となります。試しに「よっこらせ」と立ち上がってみると、「けだるさ」のようなものが胸のあたりに残ります。「ふぅー」とため息をつきたくなるような、なんとなくネガティブな身体感が残ります。

 

 この動きを、「一筆書きの動き」に変えてみましょう。顔の前に片手を上げて、その手を斜め上に伸ばしていきます。そのまま伸ばし続けていくと、いつの間にか立ち上がっているはずです。この時の動きには、分節がなく、はじめから終わりまで「一筆書き」で書かれた線のような、よどみのなさがあります。そして、この動きの後に残る身体感は、実にさわやかです。なめらかな動きは、身体的によどみがないがゆえ、精神的にも「けだるさ」のようなものを残しません。

 

動作の積み重ねが、その人である

 些細な違いですが、日常で無意識に動作を繰り返している僕らにとって、この違いは意外と大きいのではないでしょうか。動作ひとつによって、人はだるくもなれるし、さわやかにもなれます。その積み重ねは、その人そのものだともいえます。

 

 

 「動作術のすゝめ」でした。

 もう少し日常動作について知りたい方は、こちらの本をおススメします。