体和 Tai-wa 日記

休学中の大学生。ハートオブヨガ日記、読書記録、身の回りの出来事など

『ピダハン』

久々のブックレビュー。

今回は、アマゾンに住む少数民族、「ピダハン」についての科学ノンフィクション。

 

言語学者でありながら伝道師のアメリカ人ダニエルが、未知の文化、言語に飛び込み、

アマゾンで暮らす彼らの生活を明らかにしていく。

 

このピダハン、学者の中では「パーティーに投げ込まれた爆弾」と言われるほど衝撃を与えたらしい。

確かに、異質な点は多々見られる。

数、色、左右など、僕らが当たり前に使っている概念が、彼らには存在しない。

現象を一般的なカテゴリーで括ることを嫌い、直接見聞きしたことを生き生きと表現する言語を使う。

そして、みんなが当たり前のように「精霊」を見、話をする。

  

彼らに特徴的なのは、

「いま起きている生活に強烈なスポットライトが当てていること」、

「一人一人が過酷な環境の中で、自分の身を守り、みんなと協力し、生き抜いていく力がある。そしてそんな自分たちが大好き」ということ。

 

マラリアがある。

ゴキブリやタランチュラもウロウロしている。

原題のタイトルである「Don't sleep, there are snakes. 寝るなよ、ヘビがいるから」は、「おやすみ」の代わりに警告しあう言葉らしい。

そんな中でも、とびきり愉快に、笑顔を絶やさず生きているピダハンたち。

彼らには「心配」も「後悔」もないのだ。

 

そんな彼らを前に、宣教を迷い始めるダニエル。

行き着く先は・・・

 

伝道師ダニエルが、「なぜ私がここに来たか知っているか」と聞いたとき、

ピダハンのひとりは次のように答えた。

 

おまえがここに来たのは、ここが美しい土地だからだ。

水はきれいで、うまいものがある。ピダハンはいい人間だ。

 

気になった方はぜひ