体和 Tai-wa 日記

ヨガ×人文系の大学生。ハートオブヨガの講師もしています。ヨガ日記、読書記録、身の回りの出来事など

〈やや力作〉ヨガ・サーダナにおける「自己」認識の変化

ヨガにおけるサーダナ(実践:あなたが実際に行えること)。

アーサナ(呼吸に合わせて動く身体運動)とプラーナーヤーマ(身体の動きを止め、坐って行う呼吸の調整)。

これらによって、「自己」というもののとらえ方が変化することがある。

 

アーサナとは何か。

身体と呼吸を結びつけること、というのがその第一義的な目的と言ってよいだろう。

通常、僕らはそのような動き方をしていない。呼吸の方は一息つきたいのに、身体はすぐに仕事に向かわなければならなくて、すぐに動き出す、なんてことが当たり前にある。

だから、まずは身体と呼吸を結びつける。

 

ただし、呼吸の方を身体に合わせるのではなく、身体の方を呼吸に合わせる、というやり方で。

まず、生命の不如意な運動として、呼吸がある。その流れを阻害せず、身体の動きの方を意識的に沿わせていく。そうすることによって、生命の自然な流れに介入せず、加わっていくことができる。

(大勢で一斉にポーズをとる大衆的ヨガクラスは、インストラクターの掛け声に合わせてポーズをとるため、身体の動きの方に呼吸を合わせる、という逆転が起こりやすい。しかし、このやり方ではヨガにとってのプラーナ=生命ともいえる核が失われてはいあないだろうか。)

 

アーサナにおいて、「自己」の認識は、境界のはっきりした「身体」から、境界の曖昧な「呼吸」の方に移っていく。

つまり、皮膚ではっきりと区切られた個 individualとしての自己から、空間にぼんやりと広がるグラデーション状の運動の方を「自己」ととらえるようになる。

 

呼吸と身体が結びつき、ひとつの運動として感じられるようになったら、身体の動きを止めて呼吸を調整するプラーナーヤーマに移る。

プラーナーヤーマとは、アーサナによって呼吸と身体が結びついた後のみ行うことができる、特殊なサーダナ(実践として行えること)である。(いつでも行えるわけではなく、アーサナの後でなければならない。)

 

プラーナーヤーマにおいて、身体は動かさないため、皮膚で区切られた有限なものとしての身体は、さらに存在感が薄くなり、境界のないlimitlessな呼吸の方が、より意識される。

 

そして、瞑想が起こる(かもしれない。ここからはサーダナ、実践できることではなく、実践の結果訪れるかもしれないギフトだ)。

ここにおいて、呼吸は意識のレベルを超える(ヨーガスートラ2.51)。

その時、自己という感覚は消え、ただ在るということのみが在るかもしれない(nirbija samadhi?)。

もしくは、何かひとつの方向に強く意識が向き、そこに没入するような感覚になるかもしれない(sabija samadhi?)。

 

瞑想の前に先立つのがプラーナーヤーマであるため、この時点ですでに「自己」は、境界が曖昧で、limitlessなものである。この曖昧な「自己」を以て、ある対象への没入が起こる。もしくは、自己が融解し、世界に溶け込む。

 

このような自己認識の変化が、ヨガ実践の中には認められる。

「瞑想」以降で述べたことは、意識的な実践が不可能な領域であり、それが起こるかどうかも不確実ではある。

しかし、サーダナ(今、ここから行えること)として与えられているアーサナとプラーナーヤーマにおける自己認識の変化は、多くの人にとって体験可能な事実だろう。

 

なぜ、僕がその自己認識の変化にこだわるか。

それは、人類全体にとって大切な変化のように思えるから。

人ひとりの実践として始めたことが、関係性の、人類の、世界全体の癒しに拓けていくような可能性を秘めているように思うから。

 

境界のないものとして自己をとらえるようになった時、関心の対象も、癒しの対象も、また境界のないものになってゆく。

自分の吐く息と吸う息のバランスに気を遣うようになった個人は、自分の属する会社で男性と女性のバランスについて考えるようになる。

呼吸による快適さの尊さを知った個人は、自然の浄化能力を超えて大気を汚染してしまうような文明のあり方に耐えられなくなっていく。

そのような個人が増えていくことに、僕は希望を感じている。

 

f:id:yutoj90esp:20190627234350p:plain



(余談)

ところで、最近面白いことが明らかになりつつある。

僕が講師を務めさせてもらっているHridaya Yoga Schoolという所の生徒さん達が証明してくれつつあることなのだが、

それは、「アーサナを行う段階で、そこまでやる気がなくても、とりあえず行ってみるとヨガは機能する」ということだ。

ヨガに誠実に向き合いたいと思っている人ほど、きちんとやる気を持って、マインドを集中させてアーサナを行いたい、と思うだろう。

しかし、このこだわりが強すぎると、「今日はそこまで乗り気じゃないから、今日はやらない。そんな自分を大事にするのもいいよね。やりたい時にやればいい」となり、練習量が減りがちだ。

 

しかし、上で確認したように、アーサナの第一義的な目的は、「身体と呼吸を結び付けること」だ。

マインドが散漫でも、ひとまず呼吸に合わせて身体を動かす。

通常、僕らは身体の動きや呼吸に対して無自覚だ。

だからこそ、呼吸のリズムで身体を動かそうとすれば、マインドはそこに向かざるを得ない。

やる気がなくても、アーサナを行い始めてしまえば、マインドは呼吸、身体と共に協働せざるを得ない。

 

しかしそこに、ヨガを愛好する人がイメージするような「没入感」はないかもしれない。

淡々と、ルーティンのような、味気ない感触かもしれない。

それで、よい。

それでも始めてしまえば見事に機能してしまうだけの叡智が、ヨガの体系には組み込まれている。

 

 

 

 

 

 

 

ウソをつかない方がよい、ひとつの理由

ウソや隠し事は、「バレなければいい」では全然ない。

人間が行為する際には、たとえその行為が他の誰にも、何にも影響を与えていないようにみえたとしても、「学習」という作用が避けがたく起こってしまう。

つまり、その行為によって内的に変化が起こり、それは深いところで僕らの「人間性」を司り、次の行為や次の次の行為まで、根深く影響を及ぼしてしまう。

 

ビリヤード球は、「壁にぶつかる」ということによって学習し、次の衝撃を嫌がったりはしないが、僕ら動物はひとつの行為によって必ず内的な変化も被る。

「バレなければ大丈夫」と思っているのは、そういう意味で、自分を力と衝撃のみが支配する非生命(プレローマ)にすぎないものとみなす誤解を冒しているといえる。

それは、生命世界(クレアトゥーラ)の複雑さをナメている、ともいえる。

 

さて、ウソをつくとどうなるかというと、それを隠そうとする。

つまり、自分の内面に潜めていることと、外的な表出を一致させないような振る舞いを学習しようとする。

自分の内部での情報伝達における歪みを生産してしまうようになる。

 

つまり、嘘をつくと、それが誰にバレなくても、つまり外的には何も影響を与えていないにしても、僕らの内面を蝕むことになる。

その歪みは、その後に行う行為にも確実に影響を及ぼしてしまう。

この悪行(あえて悪行と呼ぼう)をぬぐい去るには、さらに多くの善行が必要とされるだろう。

 

インド人なら、これをカルマと呼ぶのかもしれない。行為はカルマを産み、人はそれに縛られ続ける。

このような話を信じる信じないに関わらず、自分の内面で考えていることと、外的に表出することの乖離を進めてしまうような習慣は、少ない方がよいと僕は思う。

 

satya-pratysthayam kriya-phala-asrayatvam

サティア(真実を話すこと)が確立すると、行為と発言が一致する。

(ヨーガスートラ2.36)

 

ヨガの練習(=現実そのものに直接寄り添おうとする営み)をしていると、 外的に起こっていることが、自分の内面と一致しないのが徐々に心地悪くなってくる。

すると、このような態度もおのずと確立してくるのかもしれない。

 

 

f:id:yutoj90esp:20190627222050j:plain

 

2019年6月の予定

*ハートオブヨガプライベートレッスン(2人まで。日程、費用、場所は応相談)

ハートオブヨガの原則と、自宅練習の方法をお伝えします。 

伝統的なヨガの伝承法に、最も近い方法です。

じっくりと対話し、個々人に合った時間、スタイル、強度のヨガの練習法を提案します。  スタジオに通い続けるのではなく、自立して自宅での練習を確立するためのレッスンです。

 

*少人数メンバーシップハートオブヨガ月曜隔週月2回クラス

@Hridaya Yoga School (東京・瑞江)

10日、24日(月)10:00~12:00

※会員制スタジオのため、受講には入会が必要です。詳しくはスタジオHPを。

 

つくばみらい市コミュニティーセンター講座

「忙しい現代人のための伝統ヨガ」

5日(水),15日(土)19:30~20:30

 

「イスを使ったリラックスヨガ(高齢者向け)」

19日(水)10:30~11:30 @みらい平コミュニティーセンター

12日(水)14:00~15:00  @小絹コミュニティーセンター

30日(日)10:30~11:30 @谷井田コミュニティーセンター

  http://community-center.tsukubamirai.org/

 

f:id:yutoj90esp:20190531214220j:plain

 

風邪をひいてます。その最中に。

風邪ひいております。

一昨日から、久しぶりに高熱を出し、寝込んでいます。

高熱は、普段処理し切れていない「悪いモノ」も殺してくれると聞きました。
もちろん、「悪いモノ」だけじゃなく、通常の機能を果たしている器官たちも熱に晒されるし、場合によってはそれらも壊され、作り替えられているのかも。

だから、しんどいわけです。
寝てるしかないわけです。

最近読んだ福岡伸一さんの本によれば、「生命は、先回りして自らを壊すことによって、秩序を保っている」とのこと。

僕らは、過去から築いてきた秩序を消費しながら生きつつも、未来に向けてその秩序を壊し、作り替えることによって、おのずと崩壊に向かうエントロピーを先回りすることができる。

今、僕の中で壊されつつ作られているものは、ちょっと先の未来に向けてより適応的な生を提供してくれる。
逆に言えば、今つくりつつある秩序によって、僕の未来が多少なりとも規定される。(未来から過去に時間が流れる。)

一方、生命が今まで作ってきてくれたこの秩序(身体)を、少しずつ消費することによって僕は今、生きることができている。(ここでは、普通に過去から未来に時間が流れている。)

この過去と未来が、矛盾的にひとつであり、そうであることによって自己が保たれていることを、「絶対矛盾的自己同一」と西田幾多郎は言ったらしい。


普段はなかなか実感できない、「先回りして壊す」という生命の機能を実感している、風邪の日。

健康体に戻った時、「いつも通り動ける」という奇跡を支える生命の絶妙な計らいに、ふと感謝するのかもしれません。

「いろんな経験をしろ」が、なんとなくイヤな理由

「いろいろな経験をするのが大事」。

よく人から言われるし、自分に言い聞かせる言葉としても、これに近い表現をすることがある。

特に若いうちは、いろいろな世界を知らないと・・・なんてね。

 

別に間違いではないし、「いろいろな経験をすることは大切」だと、僕も思う。

が、「いろいろな経験をしよう」と思って何かをするのは、何だかおかしいと思うのだ。

 

なぜかと言うと、そう思って積む経験が、「道具的」、「手段的」になってしまうから。

ちょっと意地悪な見方をすると、後になって「私はこんなに多彩な経験をしてきました」と言うための手段にすぎないものとして、その瞬間を生きるようなものになってしまうのだ。

そこにある経験は、一回きりで、もしかしたら人生最後の日かもしれないのに。

 

「思いがけず、ハッと目を見開かれるような経験」や、「今までの自分を覆され、世界の見方が変わるような体験」は、別にそういう経験を得ようと思って得られる類いのものではない。

 

だとしたら、「いろいろな経験をしよう」などというあからさまな心構えは、別に要らないのだと思う(小説を読んだり、美術館に行ったりする時、僕はこれをやりがちなのだが)。

 

まあ、あえて撲滅しに行くような類いのものでもないから、「いろいろな経験をしよう」という言明に対して、強く反発したいわけでもないのだが…

何となく存在していた違和感の正体は、明らかにしておきたかった。

 

ある友達が言っていた言葉。

「統一感は別に要らんけど、一貫性は要るよなぁ」

 

自分の心が向くものに従った結果、きれいに統一感のある経験が揃ったり、「ほんとにこれが一人の人の経験なの?」と思うほど雑多なラインナップになったりすることがある。

その統一感の有無は、別にどっちでもいい。

あえて統一感を出そうとする必要はない。

「雑多」な方が面白く見えたりするのかもしれないが、あえて「雑多さ」を目指す必要もない。

自分以外の、何者にもなれないのだから。 

 

ただし、その一回一回の経験において、その都度自分に対して真実であったか、心の導くところに従えたか、いのちにとって自然であったか。

その一貫性は、あった方がよいと思う。

 

"Yoga is to go in your chosen direction with continuity."

「あなたの選んだ方向に、継続的に向かうこと」。

 

この時選ばれる方向性は、ことさらに「私が」選ぶというより、気づいたら選ばれてしまっている何かがある、というような感覚だ。

いつの間にか何かを、誰かを好きになっている時のように。

 

そのようにして選ばれた対象の数々が、後から振り返った時に「統一感がある」か、「雑多な経験が積まれている」かなんて、確かにどっちでもいいのだろう。

 

それより、その都度の選択において、真実でありたい。

 

私の生命によって、その都度何が選ばれるのか。私にさえ予期できないというところに、生命の特徴があるのではないか。

予想し切れない人生で、本当によかった!

そのおかげで、生きるのに飽きずに済む。

 

 

f:id:yutoj90esp:20190507235106j:plain





 

 

2019年5月の予定

*ハートオブヨガプライベートレッスン(2人まで。日程、費用、場所は応相談)

ハートオブヨガの原則と、自宅練習の方法をお伝えします。 

伝統的なヨガの伝承法に、最も近い方法です。

じっくりと対話し、個々人に合った時間、スタイル、強度のヨガの練習法を提案します。  スタジオに通い続けるのではなく、自立して自宅での練習を確立するためのレッスンです。

 

*少人数メンバーシップハートオブヨガ月曜隔週月2回クラス

@Hridaya Yoga School (東京・瑞江)

13日、27日(月)

※会員制スタジオのため、受講には入会が必要です。詳しくはスタジオHPを。

 

みらい平コミュニティーセンター(茨城県つくばみらい市

・「忙しい現代人のための伝統ヨガ」

15日(土)19:30~20:30

・「イスを使ったリラックスヨガ(高齢者向け)」

29日(水)14:00~15:00

 

  http://community-center.tsukubamirai.org/

 

*東京都文京区「古(いにしえ)の会」出張

@文京区総合体育館

26日(日)9:00~11:30

 

f:id:yutoj90esp:20190427221216j:plain

 

ハートを生きる??

つかみどころのない、しかし確実に存在しているもの。

それが存在していなければ、あとのすべても全く存在し得ないような、源。

 

それを、身体的に感じることがある。

胸の真ん中辺り、ハートに。

吸う息が入ってきて、吐く息がそこから出ていく、

はっきりと指し示すことはできないけれど、

そこに「ハート」がある。

 

そして、たまに訳も分からずハートが疼いたり、イヤだと告げてきたり、求めるものを指し示してくれたりする(ような気がする)。

その方向性に従っていれば、なんだか大丈夫な気がする。

でも、このベクトルは、長さのない矢印(矛盾しているけれど)のようなもので、

ひとまず方向性だけは示してくれるけれど、そこから先がどうなっているかは全く見せてくれない。

その方向性に沿って、肉体が、マインドが、実際に行為を為していく。

この指し示してくれる「ハート」は、

どうも(肉体で区切られた)「自分」だけのものだとは思えないし、

全生命を貫いているようにも思えることがあるし、

ということは、この肉体が死んでも、在り続けるような気がする。

 

本当に、「気がする」だけなのだけど、そんな想いを持って、

久しぶりに「バガヴァッド・ギーター」を読んだら、なんだかすんなりと入ってきた。

ここにあるこいつは、「自分」が死んでも死なないかも??

 

 

大学生活があと一年になり、本格的に進路を考える時期。

どうやって収入を得て、どんな技能を身につけて、何者として生きていくのか。

そんなことばかり考えていると、肉体の中に閉じられた、寿命の限られた、一個の不安な、弱い存在としての自分しか見えなくなる。

それが、結構苦しい。

 

そんな中、今日ふと思ったことは、そんな日常を生き抜くための、

強さを授けてくれるだろうか。

そして、自分の死さえも乗り越えた、ひとつのダルマ(仕事)を為すための、

必要な智慧をもたらしてくれるだろうか。

 

この先、全然どうなるかわからないけれど、ここにある大事なものは、

大事にし続けたいと思う。

 

 

f:id:yutoj90esp:20190407041632j:plain