体和日記 Tai-wa-nikki

茨城県つくばを拠点に、体和塾(カラダを和ませ、カラダで世界と和する塾)という活動をしています。ハートオブヨガ、甲野式身体術、哲学などから考えたこと、感じたことを、赴くままに。

「遊び相手」としての世界

最近、なんだかいろんな人と話す機会がある。

 

それも、今まで話したことがなかったようなジャンルの人、僕には想像もつかないような考えを持った人と巡り合うことが、どういうわけか多い。

 

最近出会った人たちについて、ここでどうこう語るつもりはない。

 

ひとつ言えるのは、(月並みな言葉になってしまうけれど)人は一人だけで生きていけるほど強くはできていないということだけだ。

 

彼らの人生について、僕が数個のキーワードを持って紹介するのは、どうも気が進まない。

あらゆる経験に包まれた生たちを、いくつかの言葉のみに収束させてしまうのは、失礼な気がするからだ。

 

(このことは、自分の人生についても言えることだ。自分の生をキーワードで語ってしまうと、キーワードで掬い取られなかった経験たちがかわいそう。)

 

 f:id:yutoj90esp:20170708005140j:plain

 

彼らとの出会いから、改めて気づかされること。

 

僕には、まだ目を向けられていない面がたくさんある。

勝手に限界をつくったり、特別扱いしたり、聖域をつくったり、決めつけてかかったりしていることが、まだまだたくさんある。

そして、世の中には、僕が勝手に引いている限界を、いとも簡単に乗り越えている人がたくさんいる!

そもそも、そこに線があるとすら思っていないのだろう。

 

生きていく中で、いろいろな人々と出会うことの醍醐味のひとつは、あらゆる縛りで自分を不自由にしているという事実に気づくことができることだろう。

 

ある人は、哲学を「経験を動かすこと」と「問いを立てつづけること」だと定義した。

 

自分と異なる考えを持った人と出会うことは、否応なく自分の世界観の見直しを迫ってくる。

海外に行ったりせずとも、その辺に異文化が溢れている。

 

経験が動く。

「なんだこれは?」「どういうことだ?」問いが湧き立つ。

 

小さなことだけれど、例えば、メガネをかけたり、化粧をしたり、ピアスをしたりするだけでも、見える世界はだいぶ違うのだろう。(と、書きながら僕はブルーライト用のメガネをかけている。)

 

こんなことを考えているからか、最近はいろいろな人と話すのが楽しい。

自分が勝手につくっている思い込みを、ほどいていく。その作業を、ある人は哲学と呼び、ある人はヨガと呼ぶのだろう。

 

世界に対して閉じていると、周りの人たちは敵に見えてくる。

逆に、世界に対して開いていれば、周りの人たちはみんな「遊び相手」で、環境中にあるものはすべて「遊び道具」になる。

(と言いつつ、気に入らない遊びもあるのだけれど。) 

 

しかも、常に変わっているという特典つき!

(だから、毎瞬間「はじめまして、世界!」であり、毎瞬間「さようなら、世界!」なわけだ。)

 

 

そんなこんなで、最近は結構ポジティブなのです。