体和日記 Tai-wa-nikki

茨城県つくばを拠点に、体和塾(カラダを和ませ、カラダで世界と和する塾)という活動をしています。ハートオブヨガ、甲野式身体術、哲学などから考えたこと、感じたことを、赴くままに。

何はともあれ、楽しく生きたい。

陣痛ー新しい思想が生まれる際の。

(これはウィトゲンシュタインの言葉をちょっといじった。)

 

何かが大きく変わろうとしているとき、文字通り身体的な「痛み」に似た感覚を味わうことがある。

それに耐えうるだけの、心身の柔軟さが必要だ。

心のマタニティヨガ、とでも言うべきか。

(うまいこと言っているようで言えていない感じが恥ずかしいけど、なぜかこの比喩が浮かんできたのだから、しょうがない。)

 

残念ながら、僕は間違っていた。

そう思うとき、今まで自分が頼っていた補助輪、あるいは吸っていた空気、立っていた地表。

それらに、もはや頼ることも、吸うことも、立つこともできないと知ったとき、何とも言えず苦しい。

 

でも、そこで「苦しみたがる」自分がいるのは、まだその古いものにすがろうとしている証拠だ。

苦しみに浸ろうとするのは、たいていの場合、そうしたいからであり、まだ古い自分にすがりたいからであり、生まれ変わる潔さが持てないからだ。

 

苦しんでいること、悩んでいることがなんだか格好良く見えるという、変に屈折した価値観を、僕らは持っている。

それ自体は別に悪いことではないけど、このことに浸りすぎると、自傷癖に似た厄介な性格が顔を出してくる。よくよく考えれば大したことでもないのに、それに悩んだようなしぐさをするのは、リストカットにも近い行為だ。

 

間違っていたかに思える過去も、結局のところ頑張って生きた自分の生の結果に過ぎないのだ。

とりあえず「イイね」を押して、また前に進もう。

 

 

楽しく生きるためには、練習も、反省もいらない。というより、不可能だ。

その都度やりたいことに対して正直になることで十分であり、それ以外にできることはない。

 

その「楽しさ」は、自分だけが知っていればそれでよいのであり、他に何も意味付けはいらない。

 

文章を書いているこの瞬間にも、僕の生は流れている。

その僕の生命が喜ばないなら、こうして僕が書くことに何の意味があるだろうか。

 

たった今の僕にとって書くことは、生きることとイコールであり、何か他の生のために書いているのではない。

生きている僕の命の総体が、いま、書くという行為を通して発現している。

 

ある時は ヨガという行為を通して発現し、またある時は人と話すということで発現する。

 

こうして表れる「生」は、ダンスであり、進む方向がない。

このダンスが楽しそうに見える人は、一緒に踊ってください。

 

f:id:yutoj90esp:20170524005824j:plain

 

この記事を書いた今夜は、なぜか眠れなかった。

こういう夜が、最近たまにある。

 

思考が泳ぎたがっているというか、なかなかじっとしてくれないような感じだ。

そんな時は、思う存分泳がせてあげると、ちゃんと疲れて、安心して眠れる。

だから、深夜にこうして書いている。

 

明日は午前からヨガの仕事があるけど、こればっかりは仕方ない。

 

むしろ、自分に正直であることを伝えたいのに、たったいまの自分が自分に対して不誠実だったら、自己矛盾も甚だしい。

 

 

正直に生きようとすることが、時に人と衝突し、傷つけることもあると痛感した。

これからも、人に迷惑をかけることは避けられないのかもしれない。

 

でも、何かをイヤだと思うことはあっても、心から憎むことはない。

今日イヤだと言ったことでも、一緒に笑える日がいつか来るかもしれない。

そんな僕と出会ってくれてありがとう。