体和 Tai-wa 日記

茨城県つくば市を拠点に、体和塾(カラダを和ませ、カラダで世界と和する塾)主催。ハートオブヨガ、甲野式身体術が主な発想の源。

ちょっと前の自分について。

最近、ある方にFacebook上でシェアしてもらったこともあり、去年11月に書いた記事へのアクセスが増えている。

 

でも、自分でそれを見返すと、本当に恥ずかしくなる。

 

こんなこと考えてたのか、今の僕からは絶対に出てこない文章だな、と。

 

(問題の記事はこちら。特に最後の2段落ぐらいがひどい。)

 

では、この数か月で僕の中で何が変わったかというと…

 

ここ数か月で気づいたこと。

 

  • 人は、根本的に、他人を変えることができない。
  • 生きることにおいて、「答え」を持った人間などいない。だから、教えることも、教わることもできない。
  • 人生は無意味であり、僕の頭の中で考えたストーリーも、ことごとく無意味である。単なる「便宜」であり、それ以上のものではない。

 

こんなことを言うと、ずいぶん悲観的に思われるかもしれないけど、むしろ今のほうが心地よい。

 

ヨガをするにも、本を読むにも、なんだか気がラクになり、淡々と今を楽しめている気がする。

 

でも、だからといって、それ以前の自分を否定しようとは思わない。その時の自分あっての今だしね。

 

だから、記事も削除しないで残しておこうと思う。

 

たぶん数か月後には、今の僕が、とんでもなく浅はかで、恥ずかしく思えてくるんだろう。

 

でも、それでいいんだろうな。

 

生きている感じがするしね。

 

変わり続ける、流動的な自分の中で、ふと湧いてきた文章を紡いでいきたいと思う。

 

f:id:yutoj90esp:20170309125459j:plain