読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体和日記 Tai-wa-nikki

カラダを和ませ、カラダを使って、世界と和する。茨城県つくば市から、あふれる言葉たちを、つらつらと。

ヨガをめぐって、ぐるぐる回る思考

ヨガの考え方 哲学っぽいこと

 

昨年末に出会った、こんな言葉。

 

実り豊かな諸方法は、あまりにも意味を持ちすぎていて、私たちと未知のものとあいだに、それ自体が自己目的として追求されるような客体として介在してしまう。

 

もし諸手段に訴えることが活動性の気圏を定義するものであるなら、のっけから手段が語られるようなありさまではいかにしてこの気圏を破滅させえようか、と。ところでヨーガは、この破滅が達成されなければ何ごとでもないのだ。(バタイユ『内的体験』)

 

なんか、格好いい文章だな。

ヨガを実践しつつ、大学で勉強する僕にとって、決定的に重要な意味を持つ文章であることは、なんとなく分かった。

 

2か月くらいかかって、ようやくこの文章が僕の中で消化されてきた。

 

簡単にまとめると、こんなことだ。

 

ヨガには、さまざまな方法論(アプローチ)がある。

それらに頼ることによって、向上できる。

しかし同時に、それらの方法論への執着は、最も戒めなければならない。

ヨガの極致は、さまざまな方法論に頼らなくても済む状態である。(活動性の気圏が破壊→どこにいても、何をしていてもヨガである!)

この極致は、もはやヨガとは呼べない。(この状態こそ、サマーディと言えるのでは?)

 

というわけで、

ヨガは、それ自体にヨガを破壊する要素を内包しているという点において、僕はヨガを信用している。

 

という結論に行き着いたのでした。

 

f:id:yutoj90esp:20170221191406j:plain

 

で、この結論に至ってからの僕はどうしているかというと、、

 

やっぱり、ヨガが持つ諸々の手段に頼って、実践するしかないわけです。

 

「ヨガの極致」なんてものを想定したけど、足元を見つめ、地道に毎日のプラクティスを積み重ねるしかない。

 

結局、ここに戻ってくるわけです。

 

でも、前とは明らかに違う感触はある。

 

ちょっと前にも書いたけど、

 

「これをやっていれば安心!」というような安心感は永遠に得られない、という不安定さの中に漂う感じ。

 

たぶん、生きてる、ってこういうことなんだろう。

 

この不安定さの中を生きる。これを、マットの上だけでなく、生きているすべてにおいて実践してこそ、「活動性の気圏の破壊」となるんだろうな、と。

 

やっていることは以前とあまり変わっていないけど、冒頭の文章に出会った後の僕は、内的には間違いなく変わりました。

 

この変化にすら、留まるのは野暮なんだけど。

 

ものすごく、まとまりのない文章でしたが、僕の探究は続きます。