読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体和日記 Tai-wa-nikki

つくばを拠点に、体和塾(カラダを和ませ、カラダで世界と和する塾)という活動をしています。主な着想元は、ハートオブヨガと武術的な身体術。

姉について

 

最近、姉(22)がブログを始めた。以前からco-mediaという学生サイトでライターをやっていたみたいだが、個人的なことも書きたくて独立したらしい。

始めたばっかだって言うのに、猛烈な勢いで更新してる。もう記事数抜かれそう。

f:id:yutoj90esp:20170203033606j:plain

そこで、僕のことも書いてくれたので、そのお返しに、姉のことも紹介します。

 

2歳上の姉は、だいぶ僕と性格が違う。

人と違うことをするのが好きで、しかも同時にいくつもこなす。

僕がサッカー一筋で生きていた間、一輪車、マリンバ(木琴)、ダンス、ジャグリング、バレーボールなんかをやっていて、しかもなんだかんだ勉強もできる。

(中学の成績は互角だったが、姉は県内でトップの高校に行き、僕は10番目くらいのところに行った。)

 

高校のとき、ひとつ下のラグビー部の人たちの中で、僕の姉ファンクラブがあったとかなかったとか。姉がその人たちを束ねて、体育祭でダンスを踊らせた、とか。

 

けっこうぶっ飛んでますよね。。

 

で、高校卒業後、なんと日本の大学を経ずに、イギリスの大学に行ってしまった。

今は最終学年で、来年から日本で就職するらしい。

 

イギリスでの生活は結構大変らしい。未だに、語学面での苦労は絶えない、と。

イケイケの女子高生だったのに、イギリスではバスの中での会話が怖い、なんて、こんな気持ちを抱くようになったんだね。友達が少ない人の気持ちも分かるようになってよかったんじゃない?とも思うけど。

 

わざわざ日本を飛び出してイギリスの大学に行ったのは、父の言葉があったかららしい。けっこういい話なので、気になる方はぜひ。今聞いても、「世界で一番いい大学を選んだ!」って自信持って公言しているので、よい選択をしたんだろうな、と思う。(その点では、僕の選んだ大学も負けてない)

 

こうやってみると、「やりたい!」への感性が高い人なんだろうな、と思う。だからこそ、そうと決めたら行動は早いし、コロコロ気が変わる。(彼氏もコロコロ変わる

 

 f:id:yutoj90esp:20170203035614j:plain

(真夏の北海道、トマトを丸かじりするふたり。)

 

 以上、弟による姉分析でした。

 

 

 では、姉のイギリス生活、ゆとりライフ、就活話など、興味ある方はこちら