読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体和日記 Tai-wa-nikki

カラダを和ませ、カラダを使って、世界と和する。茨城県つくば市から、あふれる言葉たちを、つらつらと。

モノと私が友達であること

体和的人生考 武術っぽいこと

友達になれる条件 

人間は、道具を使う動物です。故に、モノと共に動く、ということをしばしば行います。それは日常生活のみならず、スポーツや芸術活動にも多くみられます。

 

 そういった時、快適に動くためには、そのモノに馴染んでいる必要があります。モノに馴染むことを、ここでは「友達になる」と表現してみることにします。「友達になる」感覚が分からない人は、箸を持って食事することを思い浮かべると分かりやすいです。利き手で箸を持って食事をするときは、特に意識せずとも私と箸が「一体となって」動く、という感覚があります。これが、私と箸が「友達である」状態です。一方で苦手な手で箸を持って食事をしようと、「私が」「箸を」動かすという主客関係になり、一体感が消えてしまいます。これが、「友達になり切れていない」状態です。

 

 ところで、僕自身がここ数年で友達になろうとしているモノは、木刀です。以前はただのサッカー少年だった僕が、この木刀と友達になっていく過程で、いくつかの気づきがあったので、記しておきます。

 

f:id:yutoj90esp:20161105215419p:plain

 友達になる条件として必要な条件と言えそうなのが、

  • 「私」が自立していること
  • 「モノ」の部分ではなく全体をとらえておくこと
  • 私からの一方的な関係でなく、モノと私の相互作用であること

  自立

 まず、私が自立していること、です。木刀を構える際、木刀のような長くて重いモノを持ち慣れていない人だと、持つことに精一杯になり、「自分が立っていること」がおろそかになりがちになります。そこでまず、自身が安定して地面に立っている、という感触を大事にしてみます。この際、地面にぺったりと癒着してしまうのではなく、いつでも動ける準備、緊張感を伴った身体になっているとよりよいようです。

 

全体をとらえる

 次に、「モノ」の部分ではなく全体をとらえておくこと、です。木刀を持ち慣れていない人が木刀を持つと、あまり長いモノを持ち慣れていないせいか、実際の長さを把握し切れていないことがしばしばあります。そのため、天井や床に木刀の先を擦ってしまうことも起こります。

木刀の手元から先端まで、全体をとらえて持ち、立ってみると、それだけで身体に安定が生まれます。どうやら、「私」が自立することと全体をとらえることは、一方が成り立てばもう一方もおのずと成り立ってくるようです。

相互の関係

 最後に、「私からの一方的な関係でなく、モノと私の相互作用であること」です。木刀をずっと持ち続けて、それと一緒にある程度の時間動いていると、だんだんと「私が」木刀を動かすという主客関係に傾きがちになります。その関係は、ひいては木刀と「私」の関係性が切れて「私が(木刀とは個別に)動く」という独りよがりな動きになってしまいます。

 そんな時に、木刀をふと握りなおすという動作をしてみます。この時立ち現れてくる動きは、「私が木刀を握る」という能動的な動きであると同時に、「木刀が私の手に飛び込んできて私の手を変化させる」という受動的な動きでもあります。その能動性と受動性が混じり合った感覚を保ったまま動いてみると、「私が木刀を動かしていると同時に、私が木刀に動かされている」という奇妙な感覚を味わうことができます。

 

人間関係にだって・・

 以上のように、モノと「私」が友達であるための条件を考えていると、なんだか人間関係にも活かせそうな言葉が並びました。生身の人間と友達になるためにも、「自身が自立していること」、「相手の部分ではなく全体をとらえること」、そして「一方的な関係でなく、相互関係であること」は大切な要素でしょう。

 

 だからこそ、「モノ」と友達になれる能力は侮れないな、とよく思うのです。例えば、思い通りにいかなくて道具に怒りをぶつけるスポーツ選手などをたまに目にしますが、そういう人が他人に優しくできるとは思えないからです。逆に、モノを大切に扱う人の所作には、どこか「優しさ」を感じます。その優しさがにじみ出る人は、モノからも好かれやすく、友達になりやすいのではないでしょうか。(別にモノに心を見出しているわけではありません、念のため。)

 

木刀を振る、という一見野蛮な動きを学ぶことが、まさか人と仲良くできる術を学ぶことにつながるとは、なんだか嬉しい気分になりました。